ドラムの基礎を勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)しようと思っても、スクールに通学して習えるような方は少ないのではないかと思います。今、ドラムを上手く叩いている人のほとんどは、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)された方が殆どだと思われます。ドラムは、ギターやサックスという楽器のように、始めに音を出すまでのむずかしい基礎練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)等は必要ありません。ですので、初めのうちは叩いてみて、どんな音を出しているのか聞いてみて下さいね。そして、あなたの好きな曲や演奏してみたい曲を繰り返し練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)行うケースが大切になるのです。どんな楽器を演奏するにしても、はじめに人の真似から始まるといわれています。さいしょから、全てコピーしようと思わずに、取り合えず手の動きからスタートして、次第に足の動きという具合に進めて行きてください。できるだけ多?ある音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)をあなたの耳できいて、ドラムのリズムを身体に覚えさせてくださいね。そうはいっても、ドラムにはどういった叩き方があるのか、基本的なドラム譜の読み方はどうなっているのか、といった基本的な知識は、やはりテキストが必要となって来ます。最近では、書店にも様々なドラムの入門書(中には初歩的すぎて役に立たないものもあるでしょう)が揃っていますので、その中から自分が一番わかりやすいと思うテキストをセレクトして有効利用するといいですね。ドラムの基礎を学ぶ場合、できることなら、スクール(講師との相性によって、上達、習得の度合いも違ってくるものです)で先生に付いて習うのが一番良いに決まっていらっしゃるかもしれませんね。けれど、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で学んであったとしても、ドラムの腕は充分に上達していくことが出来るかもしれませんよー